自信が身につく
学習サイクル
授業の進め方

大切なのは「わかる」を
「一人でもできる」にすること

個別教育フレックスでは、「わかる」を「一人でもできる」にかえるため
「繰り返し」、またそれを「習慣にして定着させる」こと、
そして真の学力を身につけることに“とことん”こだわります。

1.宿題確認 2.授業 3.理解度の確認 4.解説 5.宿題

成績向上のための学習サイクル

*
step 1
前回の宿題確認・チェックテスト

前回出された宿題を解答・解説し、どれくらい出来ているかをチェックします。
前回で理解していると思っていた範囲ができていない、ということもあります。
定着していないポイントを見つけ出し、もう一度前回の内容を解説・指導します。
単語や重要語句等、前回の宿題で出した“覚えるべき所”を、テスト形式でチェックし、定着の確認をします。

step 2
授 業

その日はじめて習う問題の、考え方やポイントを講師とのマンツーマン授業で解説します。
生徒が自分1人でも問題に取り組めるように丁寧に指導します。
まずは、簡単な例題を出題し、講師がリードする形で一緒に解きます。

step 3
理解度の確認

理解度の確認の為、直前の指導内容の類題演習を行います。
正解にたどりつくことはもちろん大切ですが、
「生徒の”やろう” ”やってみよう”という気持ち」を起こさせることがもっとも重要なことです。

step 4
解説(チェック)

演習の答え合わせを行い、もう一度詳しく解説します。
答えを教えるのではなく、どこで、どう間違えたのかを詳しく説明し、再び同じ間違えをしないように指導します。
その際、出てきた疑問や質問も解消し、次のステップへ進みます。

step 5
宿 題

その日学習した内容を定着させるため、宿題は毎回必ず出題します。
間違えたところの類題を中心に出題し、単語や重要語句等を次回の授業でチェックテストするので、
そちらも覚えてきてもらいます。

個別教育フレックスの対象学年

一人ひとりの学習目的に合わせて
“とことん”指導します。

個別教育フレックスの対象学年

一人ひとりの学習目的に合わせて“とことん”指導します。

ページTOPへ