Halloween

肌寒いなと感じればもう11月ですね。

昨日はHalloweenということで、恥ずかしながら少し仮装をしてみました。

かぶり物一つではありますが、意外とみんなの反応は良かったです。

 

もちろん授業はいつも通りです(笑)。

頭の上が気になるようで、いつもより集中しきれなかったかも。

一緒にかぶってくれました(笑)。

 

実は、今回10月の最後の3日間をこういうかぶり物をして過ごしていました。

写真を取り損ねていましたが、講師・生徒が入れ替わりかぶってました。

少し心配もあったのですが、授業中ずっとふざけているということもなく、

いつも通り集中して取り組んでくれていました。

そういうメリハリがつけられるようになったのだなぁと

生徒の成長に感心して過ごした3日間でした。

来年はもう少し暑くない格好を考えたいと思います。

気がつけば11月ですね

朝夕が涼しくなってきましたが、体調など崩していませんか。

気がつけば10月も残り2日ほどになり、11月が目前となりました。

12月は言わずもがなですが、11月と聞くとどこか焦ってしまいます。

職業から、次のテストで成績が決まるという意識が強いせいなのか

12月よりも11月の方が節目という気がしています。

さて、節目と言えば・・・、

先日、当教室の近くにある中学校の地域演奏会にお邪魔してきました。

小中学生の音楽系部活動の演奏会なのですが、

中学校の吹奏楽部は、この演奏会で3年生が引退となる文字通り節目の会です。

久我の杜校の塾生も何人も出演していまして、講師の先生と一緒に伺いました。

会は2部構成で、聞いたことのある曲からコンクールで演奏された曲、

ジャズやポップスなど高校の定期演奏会並の曲数で楽しませていただきました。

1部と2部の合間には、会場の外で少人数(?)での演奏もあり、

盛りだくさんでお腹いっぱい(笑)の内容でした。

中学生の演奏を聴きながら、吹奏楽部の生徒たちにとって、

この会は1年間の活動の集大成なんだなと改めて感じました。

3年生は引退を迎え、個々の目標に向かって進んでいく文字通り節目となり、

2年生は3年生から託された部の活動を主となって担う最初の節目となる。

そうやって代々受け継がれ続いていくのだなぁと一人感慨にふけっていました。

 

翻って、我々の節目は何でしょうか。

受験生にとっては年明けからの高校受験とその結果と言えるでしょう。

それには残り3ヶ月ほどをどう過ごすかが重要です。

もちろん、来月にある定期テストが最初の関門です。

これで12月の成績が決まりますし、結果によっては受験校を左右します。

最終的な目標に到達するために、まずは目の前にある小さな節目を

一つ一つしっかりと迎えることが重要です。

その為に何が出来るか?

どこまでつきつめて取り組むことが出来るか、それにつきると思います。

お預かりした生徒一人一人が、この演奏会のような集大成を迎えられるよう

精一杯、全力でサポートし続ける、その先に我々の節目があると思いました。

 

塾生のみんながこんな笑顔を迎えられるよう取り組んでいきますので

引き続きよろしくお願いいたします。

長文、最後までお読みいただきありがとうございました。

追伸

吹奏楽部の3年生の皆さん、3年間お疲れ様でした。

幸せなひとときを過ごさせてもらいました、ありがとうございました。

新たなスタート

既に各学校は新学期が始まっている頃だと思います。

夏休みは有意義に過ごせたでしょうか。

当教室も、本日で夏期講習を終え、週明けより新学期の授業が始まります。

10月には定期テストが待っています。

夏期講習で取り組んだ成果を出せるよう、改めてスタートを切りましょう。

修学旅行

実は21日から今日まで、久我の杜校の中3生は修学旅行で不在です。

いつもいる生徒たちがいないと教室が静かで広く感じられました。

(決していつもうるさいということではありませんので、ありからず。)

行く前は、あーだこーだ言っていましたが、中学校のHPを見る限り、

なんだかんだと楽しんでいる様子が見られましたので良かったです。

明日から通常通りですが、誰かの策略(笑)かテスト1週間前です。

かわいそう(?)ですが、来週のテストに向けて仕上げに入ります。

切り替えて取り組めるか、また、取り組ませることが出来るか、

生徒も我々も踏ん張りどころです。

修学旅行で英気を養ってきた(たぶん)生徒と一緒に、

がんばりますので応援(?)よろしくおねがいします!

月日が経つのは・・・

気がつけば5月、タイトル通り時が過ぎるのは早いですね。

どちらかというと、年末に聞こえてきそうな台詞ですが、

丁度、中3生に模擬試験の成績表を返却している時にそんな話がでました。

生徒曰く「この間まで2年生だったのに」だそうです。

まだまだ受験生という意識は薄い様子。

ただ、数ヶ月後には志望校合格に向けて根を詰めているのだと思うと

今からどう過ごさせるか、肩に掛かったモノの重さを感じずにはいられません。

しかし、その重さが逆に楽しみでもあるのが、この仕事の不思議なところ。

受験生に限らず、お預かりした生徒のみんなが何か一つでも成長できるよう

お手伝いできればと思う今日この頃です。

新たな一歩

この間までの陽気が嘘のように、冷たい雨と共に冷え込んでいます。

三寒四温の言葉通り(本当は冬の使われる言葉ですが)、

こうやって春になっていくんだなぁと感じる今日この頃です。

卒業生=新入生ということで、進路が決まった喜びもつかの間、

4月からの新生活に向けて慌ただしい準備の真っ最中だと思います。

のんびりしつつも準備に忙しい、まるでこの時期の気候のような毎日ですね。

そうやってみんなが新たな一歩を踏み出していくんだと思います。

生徒や学生講師たちに限らず我々大人も同様です。

新たな一歩を踏み出せる様に、一日一日を過ごしていきたいものです。