あっという間に

こんにちは、個別教育フレックス城陽駅前校の鹿屋です!

 

もう12月ですね…

この1年ほんとにあっという間だったような気もします。

残り期間もしっかり頑張っていきましょう!

 

特に中3生は今週期末テストが終わったところも多いと思いますが、その2か月後にはついに私立入試が始まってきます。

おそらくほとんどの子が初めて受験を経験することになると思います。

緊張して思うようにいかなかった…ということのないよう、普段の学習を続けていきましょう!

勉強の合間にパシャリ!!

 

個別教育フレックス城陽駅前校

鹿屋

光陰矢のごとし!

みなさん、こんにちは!
早速ですが上のタイトル、一度は聞いた事があるフレーズではないでしょうか?
暖かかった春や、暑かった夏の頃には「クリスマスなんてまだ先」って思っていたのではないでしょうか。
時の過ぎるのは早いね。
ただ過ぎた時間は決して戻らない!
だから後悔しないためにも1日1日を大切にしないといけないんだよね。

さて、期末テストも終わったと思いますが、「どうだった?」。
今回で2学期通知簿が確定しますね。
一生懸命に勉強にはげんだ人ほど『もっとやれたはず』と感じるようです。
では、もう一度聞きますね。「どうだった?」。
今『もっとやれたのでは』と思った人、君はもっともっと成績が上がるはず!
なぜなら、やる気の源である『もっとできたはずなのに』を感じているから。

取った点数、過ぎた時間は戻せないが、これからの点数、時間の使い方はいくらでも変えられます!

あなたの《やる気》一緒に育てていきましょう!!

センター試験を受験される皆様へ

まもなく12月、つまりセンター試験まで1ヶ月余りとなって参りました。

ニュースなどではよく「本格的な受験スタートとなります」という表現をされるセンター試験ですが、受験生の皆さんにとって(特に国公立第一志望の方には)それどころではないほど(この勝負が私にとって全て!というくらいに)重要な試験になってくる方も多いと思います。

そんな皆さんに吉報です!

特に、予備校の冬期講習に興味はあるけどお金がかかるから・・・という方、ぜひ↓下の授業料をご覧ください。絶対に無駄にはなりません。皆さんの最後の一歩の一助になれましたら嬉しいです。

いよいよ寒くなって参りました。

何はともあれ、くれぐれも健康には留意ください。

 

*私立入試がメインの方には「関関同立テストゼミ」(テストを受けて解説講座)などの講座もございます。

お近くの校舎まで是非お気軽にご相談ください。

『5科対応パック』のQ&A

皆さん、こんにちは!

中学生の方。期末テストの結果は、いかがだったでしょうか…?

 

理科や社会のような単元ごと定期テストに出る教科は、

「実際、どのように勉強していいのか分からない。。」とか

「教科書に文字や絵だけ書いてあるだけで、覚えられない。。」など

お困りの中学生!そんな方には、5科対応パックがオススメですよ!!

 

5科対応パックって、

個別授業(英語・数学)+映像授業(国語・理科・社会)なんですが、

「映像授業って、他社のものと一緒でしょ…。」ってよく言われます…(笑)

 

今回は、その5科対応パックのQ&Aをご紹介します!

 

Q、映像授業って、ただ映像を見るだけですか?

A、いいえ。対応テキストに記入しながら、映像授業を受けます。

生徒別ファイルを作成し、習熟度を管理していますのでご安心下さい。

もちろん別途に定期テスト対策も実施するので、定期テストもバッチリ!

Q、映像授業の映像って、どんな映像なの?

A、電子黒板を使って飽きない工夫があり、大人が見ても勉強になります。

1回約25分の映像《例:学校対応コース》が、あっという間に感じます。

映像授業だから、映像を巻き戻って見るのも良いし、再受講も可能です!

Q、5科対応パックって、結局5科目受講するんでしょ?高くないの??

A、いいえ。高くないんです。これは、教室でお話しますね…

 

まだまだブログでは紹介しきれない

個別教育フレックスの5科対応パックは、ひと味違います!

 

ぜひとも、実際に体験してみてください!

 

暗記のコツ?

みなさんこんにちは!

加茂駅前校に通う中学生のみんなはテスト真っ最中です。

今回の期末テストでは特に暗記科目に苦戦している生徒がたくさんいる模様。

暗記のコツをお伝えします!

①ノートにまとめる!

板書に書いた先生の言葉を、自分の言葉に言い換えてみましょう。

②音読する!

目で見て、声に出して、耳で聞く。

3段階で頭に入ります。

③家の壁に暗記表をはる!

人間はどんなことでもいずれは忘れるようにできています。

よって生活の中に暗記を取り入れます。

試してみてくださいね!

速読ランキングについて

みなさんこんにちは!

今回は速読ランキングについてご紹介します!

個別教育FLEXでは、毎月ランキングイベントを行っています。

速読には欠かせない、「判断力」や「集中力」、「記憶力」といった力を競い合うものです。

下の写真は、加茂駅前校の速読受講生の様子です。

画面に表示された左右の白マルを数えて、足し算していきます。

速く正確に回答すればするほど、高得点が狙える!

もちろん一つ一つ数えいては、時間がかかりすぎてしまう…

では効率よく数える方法は?

真剣勝負。

白熱した戦いが繰り広げられています!!

ぜひみなさんも挑戦してみませんか?

 

入試対応コース②

皆さん、こんにちは!

今日から期末テスト!という生徒さんもいれば、今日でテスト1週間前!という生徒さんもいると思います。

5科対応パックを受講してくれている生徒さんも、テスト前の最後の追い込みを頑張ってくれています!

最後まで諦めず、今できることを全力で取り組んでいきましょう!

 

さて、前回で入試対応コースについて紹介しましたが、

今回は受講スケジュールについてお話ししたいと思います。

これまでに受講を検討された保護者の方から多く質問が寄せられたのが、

「週に何回受講する形になるんですか?」

「塾に週何回来ることになるんですか?」

といった受講スケジュールに関する内容です。

 

3年生を例に取ると、基本的に40分の学校対応コースの理科と社会を2回ずつと 国語を1回、80分の入試対応コースの国語・理科・社会をそれぞれ1回ずつ受講していただくので、週3回もしくは週4回来ていただくことになります。

しかし、もちろんこれはあくまでも一例です。

お子様のご予定など、しっかりご相談させていただいたうえで受講スケジュールを決めていきますのでご安心下さい!

 

無理のないペースで、定期テストや入試に向けてしっかり取り組めるよう、サポートしていきます。

ぜひ一度体験してみて下さい。

現役合格先取りパック(高2生必見!!)

こんにちは!!

今日は高2生についてお知らせがあります。

↑こちらが個別教育フレックスで実際に使っている

夏以降の現高3生の生徒別授業計画書になります。

一般入試までどのくらい?

公募、センター試験まで何ヶ月前なのか

そのために今、なにをしないといけないのか

逆算できるようにしています。

 

大学受験においてひたむきに勉強することは大事ですが

ゴール(入試)を逆算した上で

日々、何をしないといけないのかを考え、行動することが

効率の良い勉強法です。

 

実際、代ゼミの映像授業はかなりの時間が必要です。

(90分×24回=おおよそ2、3ヶ月です)※長期休暇でも1講座1ヶ月は必要です。

※夏期・冬期講座は90分×5回です。

高3生は特に受験目前ではコチラをオススメしています

 

高2生の皆さん、

来年、焦らないために

いますべきことは苦手科目をつくらないことです。

普段から復習を徹底してください。

その復習の手助けとなるのが

「現役合格先取りパック」です!!

 

すでにスタートしていますが、2月末まで

本来高3生が受講する授業を

2講座(90分×24×2)先取りで受講することができます。

 

すべて見切れるのか?という疑問においても

冬休みの過ごし方や学校の授業があるときでも

校舎の教室長がスケジュール管理をしますので

問題ありません!!

 

最後に高2生へ

受験はもう始まっています

来年、慌てないようにするためにも

一緒に頑張っていきましょう!!

 

ご不明な点、ご相談がありましたら

お近くのフレックスにご相談下さいませ!!

 

 

保護者様が「子どもに速読を」と思ったキッカケ

皆さま、こんにちは。

今回の速読ブログは、保護者様の声をお届けします。

 

速読受講を考えた保護者様のほとんどが仰っていたのは

「子どもの読解力が心配・・・」

というものでした。他にも

「読書感想文がまったく書けない」

「本を読んでも、中身が分かっていない」

「国語の長文問題の点数が低い」

「文章を読むのが遅くて最後まで問題が解けない」

そして、

「どうやって教えてあげたらいいかわからない・・・」

というお悩みを抱えてらっしゃいました。

お一人お一人、状況、環境、など、その背景は違いますが

皆さん同じような悩みを持ってらっしゃいます。

このブログを読んでくださった皆さん、

もし、このような悩みをお持ちであれば

最寄のフレックスまでお越しください。

その答えを、各教室長がお伝えいたします。

 

次回の「保護者様の声」は、

速読を始めてどのような子どもにどのような変化があったか

を書きます。

実際のお子さんの変化を、

保護者様はどう感じられたのでしょうか。

是非、ご覧ください。

 

伏見桃山校の速読受講生た

全校舎で行っている速読ランキング戦では

1位~3位を独占する強者たちです!!

代ゼミサテライン予備校って何?

 

これから大学入試を迎える高2生やその保護者様より、「“代ゼミサテライン予備校”って何ですか?」と、聞かれる事が増えてきましたので、今回は代ゼミサテラインの基本的な内容の紹介と、軸となる講座の紹介をしたいと思います。

代ゼミサテライン予備校とは・・・

まずは基本的な事として、代ゼミサテライン予備校とは、全国にある代々木ゼミナールで行われている、プロの大学入試専門の講師が行うLive授業を、ネットで配信して、その授業をパソコンのモニターを見ながら、ヘッドフォンをして受講できるのが代ゼミサテライン予備校です。Live授業をそのまま配信していますので、日本でもトップレベルの講師陣の授業を、一番前の席で受講している臨場感で味わって頂けます。

そして、年間約2000講座を超える圧倒的な講座数で、志望校に狙いを定めた大学別対策講座や、基礎~応用、ハイレベルの学習、学校の進度に合わせた講座など、豊富なカリキュラムで受験生のみなさんのニーズに対応しています。

 

代ゼミサテライン予備校講座について・・・

代ゼミサテライン予備校の講座は、大きく3つの講座に分けられます。

・学期講座

学期講座は1年を通じて授業が行われる基幹講座です。毎週1回の授業によって、「予習→受講→復習」という学習ペースをつかむことができます。部活や学校スケジュールがあっても、余裕を持って受講することができる講座です。

・速習講座

1年間の学習を一気に仕上げたい意欲のある受験生や、受験勉強の開始に遅れた受験生、科目を絞って一気に学習したい受験生に向けた「高速速習講座」です。1年間の学習を最短2~3か月で学習できるカリキュラムがこの講座の特徴です。

・単元別基礎力完成講座

1単元=90分×4回の単元別集中講義で、短期間のうちに苦手意識を払拭。各科目とも必要に応じて十分に精選された内容で構成されており、必要な単元だけを選んで学校の定期テスト対策としても利用できる「高校基礎の理解度確認講座」です。

 

代ゼミサテライン予備校では、それぞれ自分の目的にあった講座を選んで受講することが可能です。ただ、講座数がとても多くありますので、一人で考え出すと、「何をどうすればいいかわからない」となってしまいます。

大丈夫です。ご安心ください。

 

各サテライン予備校の担当者にご相談いただければ、現在のレベルや目的からみなさんに合った講座をご提案させていただきます。

 

私からアドバイスできることは、大学受験を考えているのであれば、出来るだけ早く動き出した方が合格に近づきます。

いざ「3年生になったから頑張ろう!」や「クラブ終わったから今からやるぞ!」と気持ちは動いても、手段を選ぶのに約1か月、実際に講座選定をして開始するのに1か月は考えておいてください。これだけでスタートが2か月遅れてしまいます。情報を集めたり体験するのは無料ですので、気になった方はすぐに動き出しましょう。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

続きは教室でお話しさせていただきますので、ぜひ一度代ゼミサテラインの授業を体験してみてください!