月日が経つのは・・・

気がつけば5月、タイトル通り時が過ぎるのは早いですね。

どちらかというと、年末に聞こえてきそうな台詞ですが、

丁度、中3生に模擬試験の成績表を返却している時にそんな話がでました。

生徒曰く「この間まで2年生だったのに」だそうです。

まだまだ受験生という意識は薄い様子。

ただ、数ヶ月後には志望校合格に向けて根を詰めているのだと思うと

今からどう過ごさせるか、肩に掛かったモノの重さを感じずにはいられません。

しかし、その重さが逆に楽しみでもあるのが、この仕事の不思議なところ。

受験生に限らず、お預かりした生徒のみんなが何か一つでも成長できるよう

お手伝いできればと思う今日この頃です。