合格おめでとう!!

ブログをご覧の皆様こんにちわ。

今回のブログでは熾烈な大学受験の戦いの中、無事志望校合格を勝ち取った生徒の合格者インタビューをご紹介したいと思います。

奈良医科大学医学部看護学科合格の加藤敦子さんに協力してもらいました。(敦子ちゃんありがとう!!)

このブログを見てもらったこれから受験を迎えるすべての受験生にとって良い刺激となれば幸いです。

ではインタビューの様子をご覧下さい。

 

Q.個別教育フレックスに通って良かった点はある?

加藤さん:その時点での勉強の事だけじゃなくて、先を見据えながら幅広いアドバイスをしてもらえたのが良かったです!個別授業なので、自分の進行速度を保ちながら、集中して勉強できたと思います。自習で利用させてもらう事も多かったので幅広く活用できたのもありがたかったです。

 

Q.個別授業受けてみて率直にどうだった?

加藤さん:中学の時は集団塾に通っていたので、個別ははじめてでしたけど良かったです!担当の先生が定期テスト対策だけじゃなくて、模試のやり直しなんかも徹底して行ってくださったので、同じ箇所でつまずく事が減りました。個別指導の授業は数学で通ってましたが、数学だけじゃなくて自習などでも他科目も丁寧に教えてもらえたので、苦手だった化学も得意になれました。

 

Q.受験勉強で自分なりに意識したことって何かある?

加藤さん:日々、自分ができる量の勉強を把握するのは大事だと思います。やるときは一気にやってやらない期間が出てきたりしないようには意識しました。勉強は習慣が大事だと思うので、毎日できる量を調整しながらスケジュール管理を徹底しました。

Q.敦子ちゃんは個別と代ゼミサテライン予備校の映像も受けてくれていたけど、サテラインゼミは受けてみてどうだった?

加藤さん:船口先生の現代文を受講していましたが、1つ1つのポイントも分かりやすかったです!あと授業の臨場感も伝わってきて、映像でしたが集中して取り組めました。

Q.最後に後輩へ向けてアドバイスをお願いします。

加藤さん:勉強の事としては夏休みをサボったら自分を苦しめます!体育祭など学校行事もあるので、学校の事も取り組まないといけないのも分かりますが、夏で手を抜いたら試験の時に後悔します。その時は頑張ったつもりでも、思い返すとまだあと5倍ぐらいは頑張れた気もします、、(笑)あと、叶えたい夢や目標の大学を常に心の中に持ち続けることで、私は勉強することに対するモチベーションを保つことができました。受験は最後まで本当に何があるか分からないので、これから受験を迎える皆さんもとにかく後悔のないように全力で取りくんで下さい!!

敦子ちゃん、大学の履修登録やガイダンスで忙しい中、インタビューに協力してくれて本当にありがとう!!

今年度の受験生達も、来年には自分の目指す場所で前を向いて進めるよう頑張ろうな!!

先生達も全力で応援します!!!!

 

以上、ご覧いただきありがとうございました。

 

杉浦